2016年1月 6日 (水)

『原発事故避難の現実と終わりのない避難生活』ーシバタアキノリさんを迎えてー

昨秋、帰還困難区域である浪江町津島地区の住民だった シバタアキノリさん に現地を案内してもらいました。

11月の私たちの報告会では、原発Image1 事故によって、自宅を

追われ、仕事を失い、人生を変えられてしまった方々の存

在を忘れそうなっている自分や世間を再認識しました。
1月23日. そのシバタさんをお招きして、お話を直接伺い、私たちで

語り合う会を開くことになりました。

避難させられ、そのまま5年近くの時間が過ぎたにも関わ

らず、何も解決策が出されていません。現代の日本でこん

なふうに国に扱われて、納得できるわけがない。

震災から丸5年を迎える今、被災地への関心も薄れてしま

っています。
そんな今だからこそ、あの時に何が起こっていたのか?
今日までどんな悲劇が繰り広げられたのか?
現地の今はどうなっているのか?
そこで暮らしている人たちは、何を考えているのか?


想像しようとしても想像しきれない現実を、その現実に直面している方の生の声を知ってください。
ぜひ話を聞きに来て、質問してください。


関心を持ってほしい! 同じ今を生きる日本の話です。

日時 : 1月23日(土) 13:30 開場 14:00 スタート
場所 : 東林公民館(相模原市南区相南1-10-10

    (小田急江ノ島線 東林間駅より 徒歩10分)
参加費 : 500円(資料代)

★シバタさんは、翌日の24日は 川崎市でもお話会をされます。



<シバタアキノリさんプロフィール>

1966年生まれ

福島県双葉郡浪江町赤宇木生まれ

昭和60年9月に結婚

5人の子供に恵まれて幸せな生活をしていました。

祖父が昭和39年に飯舘村から浪江町に開拓者として移住

して山を買い、手で木を切り根っこを起こして耕して作っ

た土地です。

家もみんなで建てて住んでいました。

その後に父が継いで私が三代目を継いで古くなった家でし

たので昭和63年に家を新築して住んでいました。
広い土地に山も有り水も自分の土地に井戸を掘り美味しい

水を飲んで生活していました。



2015年9月13日 (日)

神奈川県の水道にも放射性ヨウ素が入っていた件

2015年夏にとある場所で被ばくについてのお話をしたところ、終了後に、参加者から話しかけられました。

「私は水道局に勤めています。
私達は、浄水場で出た汚泥の放射性物質を測定しています。
ホームページにも公開していますから、ぜひ、観てください。
詳しく知りたければ、情報公開請求してもらえば、全部見れます。

土がかなり汚染していたら、イオン化したセシウムが水に溶け込んでいる可能性もあるんじゃないかと・・・

浄水場の汚泥はけっこう最近まで100ベクレル以上の汚染があり、その処理に困っていました。

国は多少の汚染土はセメントに使え、と言ってきました。

高汚染土は、でも、引き取る業者もいました。
園芸用の土になったようです。。。。。」


あわてて、ホームページを探し、
市会議員さんに問い合わせ、
いろいろお聞きしました。

まずは、ホームページに載っていること、、、、ただし、あちこちに分散していてわかりにくかったものを、ひとつの表に抜粋してみたので、ご覧ください。
あの頃、あの雨で、神奈川あたりにも、放射性ヨウ素が降り注いだ、ことが、確実。

こんな量じゃ健康被害なんて将来でないよ!  

 と、科学的に立証してくれる方はぜひご連絡を!201103Photo_2

2015年9月 6日 (日)

福島への「教育旅行」

8月28日付けの福島民報に下記の記事が載っていました。(「本県」、とは「福島県」です)

本県支援展開へ 神奈川県川崎市と相模原市 教育旅行促進や情報発信など

近藤部長から内堀知事の親書を受け取り、復興への協力支援を表明する福田川崎市長(右)

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興に向け、神奈川県と川崎、相模原両市は、本県への教育旅行の促進、広報誌を通じた正確な情報発信などの支援策に取り組む。今後、具体的な施策を検討し、展開する。本県の近藤貴幸企画調整部長と会談した三県市の首長らが明らかにした。

 県などによると、具体的な支援策としては教育旅行に関する説明会の開催、100万部以上発行されている広報誌上での本県の情報発信、県産品の利用促進の働き掛けなどが想定されるという。2020年東京五輪・パラリンピックに向け、海外からの来訪者に本県の復興状況を伝える活動にも取り組むもようだ。
 近藤部長が26日に神奈川県庁、両市役所を訪問。避難者受け入れなど、これまでの支援への謝意を伝える内堀雅雄知事の親書を首長らに手渡し、今後の支援策に意見を交わした。会談した黒川雅夫副知事、福田紀彦川崎市長、三浦淳同副市長、小池裕昭相模原副市長は避難者支援などの継続に加え、教育旅行の回復などを通じた本県の風評払拭(ふっしょく)に力を入れる考えを示した。福田市長は「着実に福島が復興するよう地道に支援を続けたい」と語った。
 訪問は震災後の支援に対する謝意を伝え、風評払拭への協力を要請する県の「未来をつくるプロジェクト」の一環。

2015/08/28 12:41

======================================

この記事を読んで、「教育旅行」ってなんぞや?と思い、まずは、相模原市に下記の問い合わせメールを出しました。 ================================================================
『市内在住、在勤の内科医で二児の親です。

相模原市が福島県に対して教育旅行などでの支援を行う、
ことを決めたという新聞記事を見ました。

教育旅行というのは何でしょうか?

万が一、
子どもたちを福島に行かせるようなことは市としてやるべきではない、やってはいけない、と思っていますので、はっきりとお返事をいただきたく、メールを送らせていただきます。

私は2012年から福島県内での健康相談会や、また福島県内の病院での当直勤務、甲状腺検診を相模原での勤務の傍らやっています。

中通り、浜通りで、親、教職員、保育園や病院関係者と懇談してきました。
まだまだ空間線量が異常に高い場所が、本当に各地にあります。
相模原ではすぐ市職員が清掃除染に来てくださるようなレベルを超える場所がいまだに多数、広範囲にあります。

ただちに健康に影響がないかもしれないけれど、わずかでも被ばく量が増えれば確実に将来の発ガン率が上がることは、国の研究機関である放射線影響研究所も断言しています。

18歳以下、は当然ながら、特に生殖年齢以下の女性を市が汚染地に行かせることは、健康を害する可能性を高める犯罪行為です。

どのような教育旅行を考えておられるのか教えてください。

決して子どもたちを汚染地に行かせることはしないことを明言にしてください。
よろしくお願い申し上げます。
====================================
すると、下記の内容のお返事(概略)をいただきました。
『福島県の復興における県産品や観光に対する風評被害など様々な課題が共有され、「福島県への教育旅行の呼び掛け」、「各種広報やイベント等における支援」、「経済・商工団体に対する福島県産品取扱い等の呼び掛け」について、復興支援に向け取り組むことが合意されました。
この取組の一環といたしまして、福島県における教育旅行に関する現状・教育素材・魅力につきまして、福島県の担当者から直接、本市の小・中学校の関係者に説明する機会を設けるよう予定しているところですが、本市として、このことにより福島県を行先として推奨するものではありません。
なお、教育旅行とは修学旅行やスキー教室・部活動の合宿などの総称で、行先につきましては教育的効果や児童・生徒の安全確保等について十分に検証した上で、保護者のご了解等に基づき各学校単位で決定されます。 また本市におきましては、小学校は日光、中学校は京都・奈良・広島を修学旅行の主な行先としております。』 =================================
2011年以降、何度も何度も校長会などと話し合い、日光への小学生修学旅行の中止を求めたけれど果たせなかったことが蘇ってしまった。。。
原発が全然収束してないのはみんな知ってるだろうに、 0.23μSv/h以上の地点がたくさんあることも知らないわけではないだろうに、 なんでわざわざ放射線の感受性が高い子どもたちを、それも学校行事として行かせようとするんだろうか・・・学校行事になった途端、子どもたちも親も参加しないことで傷ついてしまう。。。学校と子どもや親との関係はまったく対等なんかじゃない。。。そんな現実をみんな実感してわかっているのに、、、、
福島の復興のため、なら、もっと現実的な効果的な除染をどんどんできるかぎりやって、いっそオリンピックよりも優先してやって、本当に安心して住める福島に早く戻す、または、戻せないのなら、安全安心な場所に新しく町を移転させるべきでは?と思います。(牛)

2014年10月31日 (金)

パワポ資料

2014年10月26に相模原市南区の東林公民館で行われた映画「A2-B-C]上映会の後で、牛山が講演したときのスライドが公開されていますので、ご利用ください。

http://firestorage.jp/download/94c1b323ab3ee43ad2c88748839d3aab805da3db

2014年10月27日 (月)

2014年夏のガザ空爆による被害について、日本人医師の報告会

こどもまもりたいのメンバーの大学時代の同級生が、今、パレスチナ難民救済事業機構(UNRWAウンルワ)という国連機関で、医師として、保健局長を務めています。

この夏、イスラエルとの間で、激しい爆撃戦がありました。
ガザ地区に暮らす1500人近い人が無くなり、その半数は子どもでした。

生き延びた子どもたちは、生まれてから、戦争しか知らない子どもたちです。

想像できますか?
12月にその医師が一時帰国する時に、相模原や川崎で、ガザについての報告会を開いてくれることになりました。

こどもまもりたいが主催します。

ぜひ、御都合のつく方は、ご参加ください。
無料です。
でも、会場でガザへの支援カンパを集めさせてくださいね。
相模原(小田急相模原駅)会場では、奈良本氏の解説は、残念ながらありません。
でも、講演の後に、こどもまもりたいメンバーを交えた座談会的なことも考えています。

関心を持ち、何かをする、ことが始まり。お待ちしています。

============================
医師が見たガザ報告会 ~戦禍を抱きしめて~
清田 明宏(せいた あきひろ) 医師  
国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWAウンルワ) 保健局長

12月2日(火) 18:00開場 18:30~20:30
(元法政大学教授 奈良本英佑氏解説あり)
エポックなかはら(川崎市総合福祉センター) 7階 第三会議室
JR南武線 武蔵中原駅1分


12月4日(木) 18:30開場 19:00~21:00
おださがプラザ 多目的ホール(ラクアル・オダサガ 4階)
小田急 小田原線 小田急相模原駅北口1分
201412gaza1 2014gaza2

2014年7月18日 (金)

神奈川県でも甲状腺エコー集団検診が始まります。

現在、もっとも早い開催は、関東子ども支援調査基金主催で、神奈川の「甲状腺エコー検診神奈川連絡会」が実行団体となって行う、
9月13日(土) 横浜
9月14日(日) 相模原
の2回の検診です。

お申し込みは、下記の申込書を印刷して書き込んでFAXするか、ダウンロードしたものに書き入れて、メールで送ってください。
電話受付はしておりません。
FAXは 045-325-8762
メールは  echo.kanagawa@gmail.com
にお願いします。
20140913142014091314_2

2014年5月17日 (土)

福島報告・・・月一回一泊二日で通って感じること 20140517

今日の郡山駅前の空間線量は毎時0.188マイクロシーベルト(0.188μSv/h)20140517ekimae_3

そこから1㎞近くなだらかな坂を登ったところにあって、いつもバスの窓からモニタリングポストが見えて気になっていた公園は奈良・平安時代の安積の役所;郡衙の跡地に作られた公園でした。ちょっと高めの0.243。 周辺の歩道上も0.3程度。20140517houzankouen_2

途中、学校前で0.43、ありゃけっこう高い!でも、子ども達みんな楽しそうに行きかってる。きっと学校の中、校舎内はもっと低いだろうことを願う。

一年前、何気なく測ったら入口で0.96測定した大きな公園。初めて中に入りました。野球場では高校生くらいが試合中で、アナウンスもしていた。素敵な遊歩道というか、走るのに良さそうなちょっと柔らかそうな舗装道。
野球場付近は意外と低く0.2~0.3くらい。
ぐるっとまわって、大きな気持ち良い池のそばも風が吹き抜けて0.16~0.25。20140517kaiseizanouenisuzuike_2


ホッとしていたら、そばのバラ園脇で0.4~0.5。20140517kaiseizankouenbaraen_2

なんていうか、ちょっとした植物の群落とかがあると、急にそこだけ高いような気がします。

幼児のための広場の看板は『除染前は2.49、除染して今年4月で0.24』。
う~~ん、相模原では先日駐輪場が0.23で市が除染にきたんだよね。。。
幼児広場だよ・・・・カラフルな遊具がきれい。20140517kaiseizankouenyoujihiroba_2

すぐそばの広場では学生らしきグループがブルーシートを片付けているところだった。その公園の端にはモニタリングポストがすくっと立っている。0.31。 女子学生とかは気にならないのかな・・・こんな値が神奈川で見つかったら、即除染!
まあ、ここは、何度も除染して下がって、この数値なんですよね。
だから、しょうがない?20140517kaiseizankouenhiroba_4

その公園から1㎞くらいの職場の室内は0.05。20140517shokuba

郡山が汚染されてるって危険を煽りたいわけではありません。
事故前とほぼ近い状態になっている相模原から見ると、でも確かに高い。
もし、それが、水の温度が5度か15度か、って違いと同じなら、本当にそうなら、細かい数値を気にする私を笑ってくれていいです。笑われてけっこう。

でも、温度だったら感じるけど、放射能の強弱は感じない。

もしかして、5度か50度か、って違いだったら、やけどしちゃうじゃないですか?

でも、熱くもないし、体が傷ついてもじわじわとゆっくりな変化だったらわからないかも?

1時間あたり0.5マイクロシーベルトなんて、もう、低すぎる値なんだから全然大丈夫!からだへの影響は0.05とかとまったく同じ!まったく影響ないよ!!!って、すごい立派な世界的権威と信頼のある学者さんたちが口を揃えて言ってほしい。

でも、広島・長崎の原爆で被ばくしたたくさんの人たちを何十年と経過観察している放影研がまとめた報告『原爆被爆者の死亡率に関する研究 第 14 報 1950–2003 年:がんおよびがん以外の疾患の概要』では『全固形がんについて過剰相対危険度が有意となる最小推定線量範囲は0–0.2 Gy であり、定型的な線量閾値解析(線量反応に関する近似直線モデル)では閾値は示されず、ゼロ線量が最良の閾値推定値であった。』、つまり、ゼロじゃない限り、被ばくによって固形癌は増える、と明言しています。

モニタリングポストがない所をもっと調べて、できるだけ除染して、できるだけ空間線量を下げた環境で生活してほしい。古い親友の家族が住んでいる街、たくさんの新しい出会いがあって、たくさんの友達が住む街。もっともっと、安心して安全に住める街になって欲しい。そのために、私に何ができるか、今も自問中。

2014年5月16日 (金)

アメリカのインターネットTV放送で

先日、ロサンゼルスに拠点を置く、アメリカのインターネットTV「LinkTV」の日本人記者さんから連絡を頂き、Skypeでインタビュー(日本語^^;;)を受けたものが、番組として放影されました。

インタビュー (3分30秒)
http://www.linktv.org/video/9493/are-fukushima-residents-really-at-an-increased-risk-for-cancer

内容は以下の通り;

QUESTION1
What are the health issues you’ve seen in patients in Fukushima?

⇒ I have not seen any serious illness in patients at my clinic so far. I’ve been hearing from my colleagues, who are specialists in psychiatric practices, that many people have been visiting their clinics with symptoms of PTSD.

QUESTION2
Is it true that more cancer patients have been reported since the disaster? Or is it misinformation?

⇒ People in Fukushima are continuously exposed to high-levels of radiation, however the Japanese government has officially announced that adverse health effects caused by Fukushima disaster are unlikely.
Since the government stated this so strongly, doctors including the ones who belong to medical schools have no other options but to keep telling people that there is no possible harm from the radiation.

QUESTION3
I heard that the Japanese government is only trying to raise the radiation safety standards in Fukushima. Why?

⇒ Naturally, there is a constant amount of radiation in the air throughout the world. It’s usually 2-3mSv in Japan, and the government set an additional 1mSv a year on top of the amount as the safety standard.
However, if they use the same standards for those who live in Fukushima, they won’t be able to live where they do because the amount that they’re experiencing surpasses the standard by so much.
20mSV is still very high compared to the levels in Tokyo and Kanagawa. The government funded construction companies to operate decontamination for all houses within 20km radius once, however the radiation level increased again soon afterwards. The government has been encouraging, or more like ordering people to return to those houses in that condition. The government is also saying to those who refuse to go home that if they decide to stay out of their hometown, they will terminate the financial aid. So the government is creating a situation where the residents have no other option but to go back. The government also refuses to do another round of decontamination, even if their houses have been showing high levels of radioactivity. The government has been telling those people that now it’s their responsibility to set up a new life on their own and there will be no help provided.

QUESTION4
Are there more cancers have been detected in Fukushima than in other parts of the country?

⇒ Right now there are about 300,000 Fukushima residents who were under 18 at the time of the accident. The prefecture checked them for thyroids. In reality, about 270,000 have undergone the examination, about 74 people were reported to have thyroid cancer or be at high risk for thyroid cancer. If you calculate 74 people out of 270,000 that comes to about 27 people out of 100,000 at risk for thyroid cancer.
Therefore, the fact that now about 27 people out of 100,000 are at risk for thyroid cancer indicates that the current rate is extremely high. However, up until now we have never investigated this thoroughly and done thyroid echogram on this many children, not in Japan.
Perhaps the thyroid cancer being discovered in children now are dormant cancers which were supposed to be found 30 or 40 years later, and they are just being discovered now by chance. You could certainly say that. It's just that they haven't examined it until now so they never knew about it before.

QUESTION5
What’s still need to be done to make the Fukushima regions safe and its residents feel comfortable?

⇒ What needs to be done right now is to lower the amount of radiation. The government has been doing decontamination but there will be some areas where this method doesn’t work and still has high levels of radiation. I strongly believe that the government should immediately relocate residents from such hazardous areas to safer places. I don’t think children should be living in such an environment.

2014年4月11日 (金)

有料(自費)の 被ばく関連健診(さがみ生協病院)のご案内

2011311に福島以外にいらした方を対象にした、有料(自費)の健診のご案内です。

消費税upに伴い、遅まきながら、申し訳ありませんが、料金の改訂をさせていただきました。5月以降に受診される方から適用させていただきます。

さがみ生協病院 「放射線被ばく関連健診」(自費)(完全予約制)

5月受診分より外税表示とし、以下のように金額改訂いたしました)

 

1. 基本健診(健康ノート、問診票記入、内科診察) 3000円+消費税240円=3240

2. 心電図 1500円+消費税120円=1620

3. 甲状腺エコー4000円+消費税320円=4320

4. 尿・血液検査 (白血球分画、赤血球、血小板、甲状腺ホルモン、肝腎機能、
                 コレステロール、中性脂肪など)           3000円+消費税240円=3240

 

1は全員必要。2以下は希望者のみ。

心電図以外なら  10000円+税800円=10800

すべてなら 11500円+税920円=12420

 

当院には小児科がなく、スタッフも小さなお子さまの診療・採血に不慣れなため、小さなお子さまでは血液検査ができないこともありますので、ご承知置きください。

 

☆問診票は、「市民と科学者の内部被曝問題研究会」医療部会で作成した「健康ノート」を使用します。健康ノートは「資料編」「カルテ編」があります。ご家族に1セット差し上げます。

「健康ノート」内の問診票に記入していただいたものを、コピーして当院のカルテに保管します。

原本はご自身で保管してください。

 

参考;「市民と科学者の内部被曝問題研究会」作成の問診票の目的:         
①被災および健康状況を記録し、本人の健康管理に役立てる。       
②とくに胎児、乳幼児、子どものいのちと健康を守るための基礎資料とする。
③経時的に記録し、統計処理をすることにより、1020年先に役立てるものとする。         
④医療者と手をつなぎ、検診データは本人のものだという自覚を持って、生活・医療・健康への意識を高める。

 

検診費用には、後日の結果説明とデータ【心電図、甲状腺エコー結果と写真、血液検査結果】、および「健康ノート(定価800円)」も含まれます。

医師、検査技師などの調整が必要なため、申し訳ありませんが、現在はメールでのみ受け付けております。

 

受診を希望される方は、お名前(ふりがな必要)、生年月日、ご住所、当日ご連絡できる電話番号、検査希望項目 をメールでお知らせください。受診希望の曜日があれば、お伝えください。

★5月7日より、電話でも受け付けられるようになりました。

月~木 午後2~5時 の間に

042-743-3261 さがみ生協病院

までお電話ください。

健診は、主に、平日、土曜の午前10時半~午前12時の間の受診となります。

メールで申し込まれる方は、受診設定をご確認ください。

よろしくお願いいたします。

2014年5月     さがみ生協病院  sgmmch-u@hokuou-iryou.or.jp  内科 牛山元美

2014年3月20日 (木)

2014年3月18日牛山の講演

2014年3月18日に都内文京区の茗台アカデミーで開かれた放射能学習会で講演した様子がupされました。

いつも以上に早口で、花粉症と風邪でよりドスのきいた低音の声で、大変聴きにくいとは思いますが、ご興味がある方御視聴くださいませ。

https://www.youtube.com/watch?v=k1Pv7KyuK9c

«東電福島事故当時、福島近辺におられた方のための無料検診

フォト
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ