2016年1月 6日 (水)

『原発事故避難の現実と終わりのない避難生活』ーシバタアキノリさんを迎えてー

昨秋、帰還困難区域である浪江町津島地区の住民だった シバタアキノリさん に現地を案内してもらいました。

11月の私たちの報告会では、原発Image1 事故によって、自宅を

追われ、仕事を失い、人生を変えられてしまった方々の存

在を忘れそうなっている自分や世間を再認識しました。
1月23日. そのシバタさんをお招きして、お話を直接伺い、私たちで

語り合う会を開くことになりました。

避難させられ、そのまま5年近くの時間が過ぎたにも関わ

らず、何も解決策が出されていません。現代の日本でこん

なふうに国に扱われて、納得できるわけがない。

震災から丸5年を迎える今、被災地への関心も薄れてしま

っています。
そんな今だからこそ、あの時に何が起こっていたのか?
今日までどんな悲劇が繰り広げられたのか?
現地の今はどうなっているのか?
そこで暮らしている人たちは、何を考えているのか?


想像しようとしても想像しきれない現実を、その現実に直面している方の生の声を知ってください。
ぜひ話を聞きに来て、質問してください。


関心を持ってほしい! 同じ今を生きる日本の話です。

日時 : 1月23日(土) 13:30 開場 14:00 スタート
場所 : 東林公民館(相模原市南区相南1-10-10

    (小田急江ノ島線 東林間駅より 徒歩10分)
参加費 : 500円(資料代)

★シバタさんは、翌日の24日は 川崎市でもお話会をされます。



<シバタアキノリさんプロフィール>

1966年生まれ

福島県双葉郡浪江町赤宇木生まれ

昭和60年9月に結婚

5人の子供に恵まれて幸せな生活をしていました。

祖父が昭和39年に飯舘村から浪江町に開拓者として移住

して山を買い、手で木を切り根っこを起こして耕して作っ

た土地です。

家もみんなで建てて住んでいました。

その後に父が継いで私が三代目を継いで古くなった家でし

たので昭和63年に家を新築して住んでいました。
広い土地に山も有り水も自分の土地に井戸を掘り美味しい

水を飲んで生活していました。



2014年10月27日 (月)

2014年夏のガザ空爆による被害について、日本人医師の報告会

こどもまもりたいのメンバーの大学時代の同級生が、今、パレスチナ難民救済事業機構(UNRWAウンルワ)という国連機関で、医師として、保健局長を務めています。

この夏、イスラエルとの間で、激しい爆撃戦がありました。
ガザ地区に暮らす1500人近い人が無くなり、その半数は子どもでした。

生き延びた子どもたちは、生まれてから、戦争しか知らない子どもたちです。

想像できますか?
12月にその医師が一時帰国する時に、相模原や川崎で、ガザについての報告会を開いてくれることになりました。

こどもまもりたいが主催します。

ぜひ、御都合のつく方は、ご参加ください。
無料です。
でも、会場でガザへの支援カンパを集めさせてくださいね。
相模原(小田急相模原駅)会場では、奈良本氏の解説は、残念ながらありません。
でも、講演の後に、こどもまもりたいメンバーを交えた座談会的なことも考えています。

関心を持ち、何かをする、ことが始まり。お待ちしています。

============================
医師が見たガザ報告会 ~戦禍を抱きしめて~
清田 明宏(せいた あきひろ) 医師  
国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWAウンルワ) 保健局長

12月2日(火) 18:00開場 18:30~20:30
(元法政大学教授 奈良本英佑氏解説あり)
エポックなかはら(川崎市総合福祉センター) 7階 第三会議室
JR南武線 武蔵中原駅1分


12月4日(木) 18:30開場 19:00~21:00
おださがプラザ 多目的ホール(ラクアル・オダサガ 4階)
小田急 小田原線 小田急相模原駅北口1分
201412gaza1 2014gaza2

2012年11月24日 (土)

12月8日(土)九条の会の神奈川大会で分科会を担当します

「こどもまもりたい」主催ではありません。が、「こどもまもりたい」のメンバーが関わっているイベントなのでこちらでお知らせします。

12月8日(土)に、神奈川県座間市のハーモニーホール座間と隣接する市民健康センターで、各地にある「九条の会」(憲法九条を守る会)の神奈川県全体の集まりと言えるイベント

輝け憲法 今こそ九条 inざま

が行われます。
午前が 分科会
午後が 全体会=講演会
です。

「こどもまもりたい」のメンバーに、分科会での講演依頼があり、皆で相談した結果、メンバー数名の講演と、パネル展示、質疑応答などをすることにしました。

メンバー以外には、座間市内の麦っ子畑保育園園長の大島さんも講演されます。

ハーモニーホール座間の隣の 座間市民健康センター(休日診療所の2階) 
が、私たちの分科会の場所です。

今までの、私たちの活動の中から、特に、広くいろんな方にアピールしたいこと、お伝えしたいことをピックアップして、パネル展示を行い、同時に、スライドなど使ったお話の時間も設けています。

放射能関連、食品汚染関連、相模原や県央地域の汚染状況、生活について、

  資料が欲しい方
  ゆっくり、資料を眺めながら、考えたい方
  質問したいことがいろいろある方
  どんなものだか、ちょっと知りたい方
  そっと見てみたい方

いろんな方に臨機応変にメンバーが応対します。

デモや集会で使える簡単手作り笛?コーナー
お子さんが楽しめるような簡単手作りおもちゃコーナー
見てみたかったDVD視聴コーナー

なども計画しています。

ぜひ、お時間のある方は、いらしてください。

12081 12082 12083 12084

2012年10月23日 (火)

今中哲二さんが語る 「チェルノブイリからフクシマヘ」 どうして原発は要らないか

先日、開催した今中哲二さんの講演会では、大勢の方がお見えになりました。ありがとうございました。
都合が付かなかった方もおこしになった方も下記動画でどうぞご覧ください(◎´∀`)ノ

http://www.youtube.com/watch?v=Z-O4RsA6rIg

2012年9月19日 (水)

「内部被曝を生き抜く」上映会と佐々木るりさんのお話し会

9月17日に開催しました「内部被曝を生き抜く」の上映会と佐々木るりさんの講演会では、会場に入りきれないほどの方がお見えになりました。皆様、お忙しい中、お越しいただきありがとうございました。上映会後の佐々木るりさんのお話をユーチューブでアップいたしました。

http://www.youtube.com/watch?v=b5VPA3XT-aA

2012917

ぜひ、ご覧になってください。

神奈川新聞に3日間にわたって、佐々木るりさんの講演の模様が掲載されました。
併せてご一読ください。
201209201 20120921 20120922

2012年8月 4日 (土)

こどもまもりたい集会をひらきます。

とてもとても、ひさしぶりに、こどもまもりたい集会を開きます。

「こどもまもりたい」が、これまで行ってきたことのご報告、および、
これからの企画、活動などについて話し合う予定です。
どなたでも、ウエルカムです。
原発のこと、放射能のこと、子どもの健康のことなど、
いろいろ思っていることをだれかと話してみたい、誰かの話を聞いてみたい、という方、
それから、なんとなく、興味あるなあという方、まあ、その日暇だし、という方も、
ぜひぜひご参加ください。
ご連絡は必要ありません。

日時:8月18日(土)13時30分から
場所:東林公民館 1階和室
   相模原市南区相南1-10-10
   http://www.sagamihara-kng.ed.jp/kouminkan/tourin-k/

フォト
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ