« 4月21日低線量被曝の勉強会のご案内 | トップページ | Dr. ダリウス・グレニジ Minstar Geotech  地質学者 »

2012年4月 5日 (木)

東大・小豆川先生の講演会@相模原

相模原市 東林小学校の中庭の砂を、2011年5月に無料で測定して頂き、1360Bq/ kgの放射性セシウム137を検出してくださった研究者の講演会です。

私たち「こどもまもりたい 自治体交渉チーム もーもーず」が生まれるきっかけ、を作ってくださった方、とも言えます。

「120421.pdf」をダウンロード

相模原市地域活性化事業

  放射性物質とは? 身の回りの放射線・食品からまちの測定まで・測定の仕方・
放出されたセシウムは今どうなっているの?・・・たくさん疑問がありませんか?

福島第一原発事故で、広範囲に放射性物質の汚染が広がりました。
私達は昨年 4 月から、木もれびの森の落ち葉を腐葉土にして資源として地域で循環する試み「木もれびの森の落ち葉の資源循環プロジェクト」を立ち上げました。

しかし各地で腐葉土などの堆積物の汚染が報道され、プロジェクトの続行を検討しました。木もれびの森は市民の憩いの場であり、子どもたちの遊び場でもあり、私達の大切な場所です。
そこで私達は、木もれびの森の状況を把握し、地域に公表して、そこでできた腐葉土の安全性を確認していくことが、私達環境保全に関わる団体がすべきことではないかと確認し合いました。


昨年 10 月、落ち葉の落ちる前から測定を開始しました。昨年までの落ち葉堆積物の測定から始め、毎月測定を続けています。
測定結果から、何を読み取り、どう生活に活かしていくべきかを学んでいく学習会を開催します。

日時  4 月 21 日(土) 午後 1 時 30 分~3 時 30 分

会場  相模原市立大野中公民館 大会議室(JR横浜線古淵駅より徒歩10 分)

講師  小豆川  勝見  先生
               
    東京大学大学院 総合文化研究科    広域科学専攻 環境分析化学研究室助教

     東日本大震災以降、東京大学アイソトープ  総合センターにて被災地ほかからの 多くの   試料における放射性物質の測定に従事

    クローズアップ現代(NHK)   知られざる都市濃縮にご出演

    わかりやすいと好評の講演各地で開催
    http://user.ecc.u-tokyo.ac.jp/~cshozu/   
         

参加費 無料                                 

定 員  80 名 (先着順)  希望者は直接会場へ

保育あり  2 才以上小学校入学前のお子さん(4 月 15 日までに事前申し込み)

保育申込み・問い合わせ  環境ステップアップの会 (畠山) ℡042-748-9408

                          NPO法人相模原こもれび(高橋) ℡090-4029-4843

« 4月21日低線量被曝の勉強会のご案内 | トップページ | Dr. ダリウス・グレニジ Minstar Geotech  地質学者 »

8. 終了した講演会・学習会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1624433/44756459

この記事へのトラックバック一覧です: 東大・小豆川先生の講演会@相模原:

« 4月21日低線量被曝の勉強会のご案内 | トップページ | Dr. ダリウス・グレニジ Minstar Geotech  地質学者 »

フォト
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ