« 生命に対しての思いや洞察  ドキュメンタリー「流 ながれ」 | トップページ | 婦民新聞 »

2012年4月29日 (日)

危機管理室長

今年1月24日に、私たちのメンバー+α で、相模原市の「子ども関連施設対策チーム」との話合いを行いました。

その中で、とっーーーーても、気になっていた発言が市職員からありました。
たくさんありましたが、その中でも断トツのインパクト有り発言が、
危機管理室長 という役職の方からありました。(以下、テープ起こしから)


***********************************

原子力事故災害時の相模原市の危機管理体制について

(危機管理室長) いままでの危機管理体制というのは、(国道)16号で核燃料積んだ車が事故を起こした、とかっていうような事態に対するものだった。311のような大規模な事故への対応、対策は考えてなかった。

(危機管理室長)  市内に災害時要援護者は3万人。首都圏3500万人が避難しようという時に福島のひとつの村よりも多い72万人をどこへ行かせれば、どうすればいいのか?九都県市や国と一緒にやらないとどうしようもない。国の状態も悪い。

(危機管理室長)   靴の上から足を掻いている状態。

(危機管理室長)  他の市の話もあまり聞いてない。

(危機管理室長) 県はどう考えてくれてるんだろう、とかって感じだが、横浜や川崎と話しても、まだそこまで考えてない感じ。施設入所者は優先。自分で移動できる方はそれぞれに、ということになると思う。今の福島の人たちと同じ状況。72万人がどこに行くのか、ということも考えつかない。

こどもまもりたい)空母で原子力事故の想定は?

(危機管理室長) 想定してなかった。横須賀ではしてるかもしれないけど。

こどもまもりたい)自治体として考えるべきでは?国が体たらくで、県もだめだからって話で終わらせないで

(危機管理室長) 首都圏3500万人の中で72万の相模原市民がどう動けるのか、というイメージがわかない。相模原だけが逃げればいい、ってことではないですよね?わかんない!というのが正直な話。ヒントをもらいたいくらい。

こどもまもりたい)想定できるところから、原子力空母との関係から、相模原市民の避難の在り方を考えて見ては?避難誘導の方法を考えてほしい。

(危機管理室長)   3万人の施設入所者をどう動かすのか、私は人を動かしたことがないので、わからない。

こどもまもりたい)地域的な違い、北の方と南の方との違いもある?

(危機管理室長)  ホットスポットを考えると、地域差は関係ないんじゃないか?

(危機管理室長)  いっせいに動き始めた時に、どこまで動けるか。高速道路や道志道も使えない。どうしてもつきあたってしまう。相模原の話だけではない。

(危機管理室長) 戦後私たちは何にもないまま生活してきた。だから、311で大騒ぎしているんだ、って毎日思ってます。だから勉強不足で答えを出せない。

こどもまもりたい)福島の酪農家の長谷川さんのお話では、『組長』は50μSvを知っていたのに、その情報を知らされなかった。そういうことにならないようにしてほしい。

こどもまもりたい)情報が届かないことで災害弱者になる。速やかに確実な情報を伝えてほしい。

(危機管理室長)  私は危機管理を専門にしてるわけじゃないですから。横須賀に燃料棒作ってるところがあるなんて知らなかった。

****************************************



などなど、トンデモ無責任な発言をホントに堂々とされるので、まさしく呆れてしまって、その後もたま~におしゃべりの話題になってました。。。。

給料もらって「危機管理室長」やってるんだから、プロでしょ!

専門じゃなくても、4月に移動したばかりかもしれないけど、それでももう1月!

勉強してよ!

市民の不安を軽減できるように努力してよ!

対策考えつかないんなら、専門家や他の自治体に教わってよ!

嘘つかなきゃいいって問題じゃない!



まあ、そんなことを私たちは思っていました。

春、人事異動の季節・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





この危機管理室長さん、他の部署(市外とのこと・・・)に異動されたとこのこと。


ちょっと、ちょっとだけ、ホッとして、相模原市の職員さんへの信頼がかろうじて保たれました。

心から感謝したくなる職員さんも多数おられます。
その方たちが存分にお仕事できることを願っています。

(うっしー)

« 生命に対しての思いや洞察  ドキュメンタリー「流 ながれ」 | トップページ | 婦民新聞 »

メンバーのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぱちぱちぱち…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1624433/45067291

この記事へのトラックバック一覧です: 危機管理室長:

« 生命に対しての思いや洞察  ドキュメンタリー「流 ながれ」 | トップページ | 婦民新聞 »

フォト
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ