« 福島からの母子保養キャンプby「母ちゃんず」 | トップページ | 相模原市さん、ありがとう~~~ »

2012年7月29日 (日)

原発推進派だけで構成される原子力規制委員会に抗議を!

いま、政府は、どうしても「原発を推進する」と宣言しています。
政府から独立した「原子力規制委員会」をつくり、総理の権限ではなく規制委員会のメンバーが原発の再稼働を決めることができるのです。国会議員もこの決定に関与できない。
そんな機関が作られようとしています。
この委員の人事案が発表されましたが、ほとんどすべてが原子力推進派です。
以下に、東京新聞の記事を転載します。
どうぞ、ご一読いただき、地元の国会議員にこの人事案を廃案にするよう、伝えてください。
そうでないと、今後5年間、原発をとめることができなくなるかもしれません。
原子力を推進する社会に後戻りしてしまうかもしれません。

*****

 政府は二十六日、原子力規制を一元的に担う新組織「原子力規制委員会」の初代委員長に、内閣府原子力委員会の前委員長代理だった田中俊一氏(67)、委員に元国連大使の大島賢三氏(69)ら四人を充てる人事案を衆参両院に提示した。五人は二十日に示す予定だった案と同じ顔ぶれ。各党で賛否を検討した後、来月上旬にも衆参両院の本会議で採決される見通し。
 四人の委員は、大島氏のほか、地震予知連絡会会長の島崎邦彦氏(66)、日本アイソトープ協会主査の中村佳代子氏(62)、日本原子力研究開発機構副部門長の更田(ふけた)豊志氏(54)。
 任期は委員長が五年、委員は中村、更田両氏が三年、島崎、大島両氏が二年。
 五人の人事案が両院で可決、承認されれば、原子力規制委は九月上旬にも発足する。
 脱原発を訴える与野党の議員などからは、田中氏が原子力委の委員長代理だったことから「原発推進の中心メンバー」として不適格とする意見が出ているため、民主、自民両党などで賛否をめぐる調整が難航する可能性もある。
 人事案は、一部報道機関が衆参両院への提示前に全容を報道したことに野党が反発し、政府が提示を見合わせていた。
 藤村修官房長官は二十六日、衆参両院の議院運営委員会理事会で「情報管理に反省すべき点があり、混乱を招いた」と陳謝し、野田佳彦首相から細野豪志環境相とともに文書で厳重注意を受けたことを報告。一方で「報道機関に情報を漏らした事実は確認できなかった」と釈明した。

◆田中委員長案 原発推進の経歴や言動
 政府が原子力規制委員会の人事案を国会に提出した。この五人が脱原発依存の方針をしっかりと進められるかどうかが焦点だが、過去の言動や経歴をみると不安も残る。
 規制委は、今後の原発政策を決める極めて重要な存在だ。対応がまずいと、原発の再稼働が、なし崩し的に進められ、老朽化した原発の運転も許されることになりかねない。北陸電力志賀原発で浮上した、敷地直下の活断層の問題をどう判断するかも重要な分かれ目になる。
 今回の人選は細野豪志原発事故担当相が主に担当した。細野氏は原発の運転期間を四十年に制限する政府方針を決める際、委員長になる予定の田中俊一氏に相談したことを明かし「厳しい規制をやってくれる。しっかりやってもらうことは確認している」と述べた。
 ただ、田中氏は日本原子力学会会長や原子力委員会の委員長代理を歴任するなど原発推進側にいた。委員を務める原子力損害賠償紛争審査会では、福島第一原発事故の自主避難者に賠償を認める方針に異を唱え、被災者らの批判を浴びた。
 規制委は高い独立性を持つ委員会だけに、細野氏も人事が決まった後は口出しは難しい。脱原発依存の道を歩むのか、注視が必要となる。
 
【委員長】
・田中 俊一氏(たなか・しゅんいち)東北大工卒。67年日本原子力研究所に入り、同研究所副理事長、原子力委員会委員長代理を経て、12年4月高度情報科学技術研究機構顧問。67歳。
【委員】
・中村 佳代子氏(なかむら・かよこ)東工大院修了。東京都臨床医学総合研究所放射線医学研究室研究員、慶大専任講師を経て、12年4月日本アイソトープ協会プロジェクトチーム主査。62歳。
・更田 豊志氏(ふけた・とよし)東工大院修了。87年日本原子力研究所に入り、同研究所企画室調査役を経て、12年4月日本原子力研究開発機構原子力基礎工学研究部門副部門長。54歳。
・大島 賢三氏(おおしま・けんぞう)東大法中退。67年外務省に入り、国連政府代表部特命全権大使、国際協力機構(JICA)顧問を経て、11年12月国会福島原発事故調査委員会委員。69歳。
・島崎 邦彦氏(しまざき・くにひこ)東大院修了。東大地震研究所教授、日本地震学会会長を経て、09年4月地震予知連絡会会長。66歳。
*****

◆オンライン署名はこちら
https://fs222.formasp.jp/k282/form2/
◆出来れば直接細野大臣へ抗議・要請のお電話やメールを!
【細野豪志(環境相、原発事故収束担当相)】
・国会事務所 FAX:03-3508-3416 TEL:03-3508-7116
・地元事務所 TEL:0559-91-1269 FAX:0559-91-1270
・細野議員個人へのお問い合わせフォーム http://goshi.org/contact/

« 福島からの母子保養キャンプby「母ちゃんず」 | トップページ | 相模原市さん、ありがとう~~~ »

メンバーのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

お知らせ、ありがとうございました、署名しました。
議員さんにメールもしますrock

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1624433/46508525

この記事へのトラックバック一覧です: 原発推進派だけで構成される原子力規制委員会に抗議を!:

« 福島からの母子保養キャンプby「母ちゃんず」 | トップページ | 相模原市さん、ありがとう~~~ »

フォト
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ